「相続についてのお尋ね」書類が届いた方へ

相続税の申告義務があるか調査する必要があります!

「相続についてのお尋ね」の書類とは

相続の開始後に税務署から送られてくる書類のことです。

この書類が送られてくる場合は、相続税の申告が必要となる可能性が高いです。税務署は人が死亡した情報とその人の所有不動産などの情報を容易に入手できるので、相続財産の額をおおよそ計算することができるからです。

「相続についてのお尋ね」の書類が届いた方は相続税の申告洩れを防ぐ為に、税理士等に相談して相続税の申告が必要かどうかを調べるのがよいと思います。

「相続についてのお尋ね」の書類に関する注意点

何も対策を取らないでおくと次のような困った事態が生じる恐れがあります。詳しくは、無料個別相談をご利用下さい。

●決定処分がされる
相続税の申告義務を怠った時に、税務署が納税額を決定することを決定処分といいます。 決定処分で納税額が多くなる可能性があります。

●余分な税金(延滞税など)がかかる
相続の開始日(死亡日)から10ヶ月以内に相続税の申告をしなければなりませんが、相続税の申告を忘れていると延滞税や無申告加算税などの余分な税金が取られます。

無料個別相談

「相続についてのお尋ね」の書類が届いた方は、
初回1時間無料の個別相談をご利用下さい。

お申し込みはこちら

無料ご相談予約ダイヤル 0258-37-1660

相続・遺言・相続税申告を新潟県長岡市の長津公認会計士・税理士事務所がサポート

お問い合わせはこちら
無料サービス
  • 無料個別相談
  • かんたん相続診断
相続ドックニュースリリース

相続についていろいろと知りたい、困っている会員に、相続に関する最新情報などをメールにてお知らせいたします。

詳しくはこちら
相続ドックニュースリリース
相続ドックニュースリリース

相続のプロがQ&Aで
わかりやすく解説した対策本
「税制改正対応版
 知った者勝ちの
 相続対策大作戦!」

を先着で在庫分限り贈呈!

  • 代表ご挨拶
  • 料金について
  • アクセス
  • お問い合わせ