相続Q&A

相続が発生している方の質問

Q1 相続手続きを知りたい!

相続対策と相続スケジュール」のページに詳しく記載されていますのでお読み下さい。

Q2 相続しないことはできる?

借金などの債務が財産より多い場合など、原則として相続開始(死亡)を知った日から3ヶ月以内に“相続放棄”という手続きを家庭裁判所に対して取ることにより可能となります。詳しくは、無料相談をご利用下さい。

Q3 相続税の申告方法は?

相続税の申告書を税務署に提出する期限は、相続開始(死亡)日から10ヶ月以内です。無申告加算税、延滞税などを避ける為に期限は守りましょう。

Q4 土地などの名義変更のやり方は?

遺産分割の話し合いが終了した後に、すみやかに各相続人名義に相続財産の名義を変更することが必要です。
特に預貯金、土地・建物、有価証券の名義変更が大切です。預貯金については、死亡した方の名義の預貯金口座は引出しが不能となりますので、注意が必要です。
具体的な名義変更手続きについては無料相談をご利用下さい。

Q5 納税の為の土地売却の注意点は?

相続税の納税資金を確保する為に土地を売却する場合、相続開始(死亡)日から3年10ヶ月以内の土地売却であれば、譲渡所得税が少なくて済むケースがあります。詳しくは無料相談をご利用下さい。

相続対策が必要な方の質問

Q6 孫の養子縁組は対策として有効?

養子は実子と同様に第1順位の相続人となるので、法定相続分を取得します。又、相続税基礎控除額が相続人割分が1人分(600万円)増加するので相続税を少なくできます。
孫が未成年者でも家庭裁判所の許可が不要で、迅速に養子縁組が可能です。上記のように、遺産分割及び税金対策に有効です。詳しくは無料相談をご利用下さい。

Q7 生命保険は対策として有効?

受取人が相続人である生命保険金は相続税非課税枠(500万円×法定相続人の数)の範囲内であれば課税財産から除外されるので有効です。詳しくは無料相談をご利用下さい。

Q8 遺言書の作り方は?

ご本人(被相続人)が相続人にどのように財産を分けたいか、ご自分の意思を遺言書の形で伝える事は、相続争いを避ける為に大切です。遺言書は自筆証書遺言、公正証書遺言などがありますが、法律の定めに従って作成しないと無効となります。作成方法など、詳しくは無料相談をご利用下さい。

Q9 財産の贈与方法は?

相続対策として相続財産を減少させる生前贈与は大変有効です。年110万までの生前贈与は贈与税はかかりません。その他注意点など、詳しくは無料相談をご利用下さい。

Q10 子供に会社を引き継がせたい!

会社の株式の相続税評価額が非常に高い場合、会社の株式を相続する後継者である子の相続税が多額となり、納税できないなど問題が多く発生します。生前にご本人(被相続人)が所有の自社の株式を後継者である子に贈与する為にも自社の株式の相続税評価額を計算し事前に把握しておくことが非常に大切です。詳しくは無料相談をご利用下さい。

 

無料ご相談予約ダイヤル 0258-37-1660

相続・遺言・相続税申告を新潟県長岡市の長津公認会計士・税理士事務所がサポート

お問い合わせはこちら
無料サービス
  • 無料個別相談
  • かんたん相続診断
相続ドックニュースリリース

相続についていろいろと知りたい、困っている会員に、相続に関する最新情報などをメールにてお知らせいたします。

詳しくはこちら
相続ドックニュースリリース
相続ドックニュースリリース

相続のプロがQ&Aで
わかりやすく解説した対策本
「税制改正対応版
 知った者勝ちの
 相続対策大作戦!」

を先着で在庫分限り贈呈!

  • 代表ご挨拶
  • 料金について
  • アクセス
  • お問い合わせ